メモ帳

使いかけのメモ帳の表紙が取れて紙が薄汚れてきたので、たまたま手近にあった使用済みの、原稿のコピーの一部を切り取って表紙として貼り付けたら渋くて良い感じです。
金魚屋がある川沿いの道。

FullSizeRenderFullSizeRender2

球根から育てたチューリップが、ふんわりとした色の花を咲かせました。
(園芸ブログみたいになってきてますね。春先なので…)

FullSizeRender

色紙

アブラカダブラ第1集が23日に出ます。
1,2集同時の予定だったのですが、『ディアスポリス』のドラマ放映に合わせて早まりました。
書店さんに色紙を描かせていただきました。金沢の方よろしくお願いします。ウーさんのサインも入ってます。

映画ディアスポリスの監督の代表作とも言える『海炭市叙景』は、私の友人がプロデュースした映画ですので、よければこちらも合わせてご覧ください。

FullSizeRender

坂田先生

河出書房新社からとてもハイクオリティな
坂田靖子先生の総特集本が出ました。
寝る前にすこしずつ読もうと思ってます。
一番好きな『タマリンド水』が載っていてとてもうれしい。
『愛の核シェルター』ってスピリッツだったんですね。
そう言えばお色気路線だった…ような……?
萩尾先生との長文対談も声に出して笑うほど楽しいです。
(”エアメール便箋”で身悶える昭和女子!←私)

FullSizeRender

水草

正月飾りを買いに行ったホムセンで、花を付けていないへろへろのパンジーの苗が、一つ百円で売られていたので2つ買って帰ったところ、3月になってどちらもきれいな黄色い花を咲かせ始めました。うれしさもひとしお。

昨日は園芸店に水草を求めに。熱帯魚用の水草でないかどうか確認した店員さんに
「熱帯魚でなく金魚だと、水草は食べられちゃいますけどね…」と言われたので苦笑しながら「あ、それはもうあきらめてます」と返事をしたら、『こいつわかってるな』という雰囲気でお互いの気持が通じ合いました…!
造花ならぬ造草も試してはみたのですが、結局は消耗品の感じなので、コスト的には同じかなと思います。

FullSizeRender3

東日本大震災でなくなられた方々のご冥福と、被災地の早期の復興をお祈り申し上げます。
この日になるとツッチー先生の命日も近いなと思う。実際は一ヶ月以上先なのだけれど。
そろそろ『新・編集王』とか描いている頃合いなのではないかと思う。