川名みずきさん

コミティアからうちに来た本:その3

IKKIでごいっしょしている白井弓子さんと初めてお会いしました。とても落ち着きがあって、大人ですてきな方でした。
白井さんの長年の深いご友人の川名みずき先生が2月に病没されたそうで、その追悼展示がありました。ついこの間まで存在し、息をしていたものがこの世から喪われるという事実に、遺された者が感じる心の穴は、なにをしても埋めきれないものがあると思います。
画像は無料配布本として作られたものです。喪失の大きさを感じる、とても深い思いのこもった展示と冊子でした。

申し込み期間後にもかかわらず、中村さんから展示の提案が白井さんの方にあったのだそうで、さすがのご英断です。
川名さんのご冥福を心よりお祈りいたします。天国の白いキャンバスに、光の絵の具で、美しい絵を描かれていることを想像します。

写真4